工業の安全性のこと

工業地帯の工業と安全性について

工業地帯の工業と安全性

工業地帯とは京浜や阪神、北九州などのような、多くの工場が集中している地域のことで、かつ工業構成の総生産の中で工業生産の占める割合が特に高い地域のことです。しかし現在では工場の地方移転などが相次ぎ、企業集積の密度が失われ始めた地域も出てきています。再び地域を甦らせるべく、プロジェクトを講じて新たな事業に乗り出す動きがあります。立地を利用して研究所を立ち上げ、人と技術を集めているのが川崎区で、ここで研究されているヒト化マウスの研究成果は人体に対する安全性を証明する動物実験を行いました。またベンチャー企業なども活気があり、医療分野への進出も視野に発展しています。

茨木が新しい工業地帯として注目

日本の高度成長を支えたのは工業であるといえます。東京、川崎、横浜を中心とした京浜地帯、豊田、四日市を中心とした中京地帯、大阪、神戸を中心とした阪神地帯そして八幡製鉄所を中心とした北九州といった地域はその象徴と言える地域です。北九州は他の産業が台頭していますが、他の地域においてこれらの工業地帯の力は健在です。近年、新しく工業地帯として注目されているのが北関東の茨木です。2013年に立地件数や面積で一位に輝いており工業において今注目を集める地域といえます。茨城は首都圏へのアクセスの良さが発展に大きく寄与しました。

↑PAGE TOP